学校長メッセージ

看護の「看」は“手”と“目”、「護」は“まもる”という意味です。

看護師になりたい気持ちはあってもどうすることが看護なのか全く知らずに入学してくる学生達ですが、3年間の学びを通して、その意味を徐々に理解し、卒業時には看護の対象となる一人一人の方の気持ちに寄り添った看護を模索するようになります。この気持ちをもとに、病院等の現場看護師として、さらに大きく成長していきます。この成長をみることが何よりも嬉しく、学生を誇りに思う瞬間です。看護の第一歩を、日南看護専門学校から歩きはじめてみませんか。

校長 橋口 佳子