先生・先輩からのメッセージ

小川 淳子先生(教務主任・成人看護学担当)

小川 淳子先生(教務主任・成人看護学担当)
教育理念に掲げていますように、豊かな人間性を育み一緒に看護について考えながら「看護の力ってすごい!」「看護師を目指して良かった!」と学生自身が実感できるような講義・実習・学校生活にしていきたい と考えています。私達教員は、学生の持てる力を最大限発揮できるようサポートします。

岸上 莉奈さん(1年)宮崎県立高鍋高等学校出身

岸上 莉奈さん(1年)
私は、高校生の時の看護体験を通して実際に患者さんと接することで看護師になりたいという気持ちが大きくなりました。
日南看護専門学校では、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、授業の際にグループ学習があり他の人の意見を聞くことができ、一つに対して様々な視点から看護を学ぶことができます。
初めて親元を離れて寮生活を送っていますが、先輩方がとても優しく、同じ学年の人も多いので楽しい寮生活を過ごしています。これから3年間、寮の仲間やクラスの仲間と国家試験合格、そして自分の理想の 看護師を目指して頑張りたいと思っています。

德村 絵夢さん(宮崎県立看護大学 別科助産専攻在学中)
日南学高等学校出身

藤井 麻由さん(1年)
私は幼い頃から助産師になりたいという夢を抱き、看護の道を志しました。
入学当初から楽しみにしていた母性看護実習では、自然分娩に入らせていただきました。その時に、産婦さんのタイミングに合わせた声掛けや陣痛の促しに行う助産師さんのかかわり方により産婦さんが安心してお産が進むように なったという場面を間近で見させていただきました。助産師さんのかかわり方によって産婦さんやその家族へ安心感を与え、出産に必要な「産む力」を最大限に引き出すことができるのだと学び、自分も助産師として働きたいという思い がさらに強くなりました。
日南看護専門学校で過ごした3年間があったからこそ、これから進む道を切り開くことができたと強く実感しています。
多くの方々に感謝しながら、看護とは何かを常に考えていけるように、日々努力していきたいと思います。

柄本 知奈都さん(古賀総合病院病院勤務)宮崎県立宮崎商業高等学校出身

藤井 美里さん(1年)
平成28年4月から古賀総合病院で働きだして1年が経ちました。分からないことや出来ないことが多く思うように働けない自分にもどかしく感じた1年でした。日南看護専門学校で過ごした3年間は、実習で体験したことや講義 で学んだことが沢山ありました。その3年間で得たものが看護師になった今活かされ、在学中は苦しいと思うことも沢山ありましたが、諦めず乗り越えたことで今の自分がいると思います。
本当に日南看護専門学校に入学して良かったと思っています。今後も素敵な看護師になれるよう成長していきたいと思っています。